TOPに戻る 携帯サイトへ

都城市、三股町、宮崎市、曽於市、近隣の不動産を中心に物件情報を公開中です。 不動産に関する事は何でもお任せ下さい!
南国宮崎不動産情報

売買と賃貸……どう違うの?
 当社のお客様で、「売買と賃貸、どちらにしようか迷っている」というご相談が大変増えてまいりました。
 売買と賃貸では同じ「家に住む」という事でも、大きな違いがあるからなのです。
 売買は家を購入して、毎月住宅ローンを支払う。
 賃貸は大家さんの所有物の家をお借りして、毎月家賃を支払う事になります。
 ではなぜ、売買と賃貸で迷うのでしょうか?
 それは毎月の住宅ローンの支払額と毎月の家賃の支払額がほぼ等しい、もしくは住宅ローンの方が安くなってるからです。
 同じ支払うのなら、購入した方が得な気がする、という方が多いのです。
 でも、人によっては賃貸の方が気が楽だし、いろいろ引越ししていろんな部屋に住んでみたいし、という人もいます。
 そんな人は購入してしまうのは向いてないのかも知れませんね。
 また、人によっては、何だか住宅ローンを背負うのは、大変そうで気が重いなあ、という人もいると思います。
 そうして二の足を踏んでいる人もたくさんいらっしゃるでしょうね。
 では、住宅ローンを背負うと本当に大変なのでしょうか?
 賃貸に住み続けると、気楽で安心なのでしょうか?
賃貸と比べて、売買の良いところは何?
 まずは、「住宅ローンの返済には終わりがある」という事です。家賃の支払いに終わりは無いですからね。
 それから、「ローンが終了した後は自分の資産になる」という点です。ローン終了後は売却すると、その時の相場で売れるはずです。
 住宅ローンの支払いは、ある意味「不動産に貯金をしていく」事になるのです。
 それから、ローンの借入者は「団体信用生命保険への加入」があります。
 万が一、ローンの支払者が亡くなってしまった場合、残りのローンは保険で完済されます。残された家族には、家が残されるのです。
 賃貸の場合は、万が一、家賃の支払者が亡くなった場合でも、残された家族が家賃をお支払い続けていく事になります。
住宅ローンが借りられるのでしょうか?
 住宅ローンが借りられるかどうかを金融機関に打診するのも、不動産業者の仕事です。
 ローンの審査には、お勤め先や勤続年数、ご年収、他での借入れがあるかないか?などの項目で審査されます。
 通常は物件を決めてから「ローン相談シート」なるものに、記入していただき、金融機関に提出します。
 1週間程度で審査結果が得られます。
不動産に関するご用命は
[親切][ていねい][安心]の、宮崎不動産情報迄
フリーダイヤル 0120-882-566

都城市、三股町、宮崎市、曽於市等の新築住宅、中古住宅、土地、投資物件を斡旋中!